Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教員メールアカウントが乗っ取り被害 - 奈良県

奈良県教育委員会は、教員のメールアカウントが乗っ取り被害に遭ったことを明らかにした。複数の宛先に意図しないメールが送信されたという。

同県教委によれば、県立ろう学校の教員1人が使用するメールアカウントを侵害されたもの。8月25日、28日に迷惑メールが送信された。8月30日に受信者から奈良県立教育研究所へ連絡があり、問題が発覚した。

同県教委が送信元であるアカウントの履歴を確認したところ、約1500件の宛先に対して迷惑メールが送信されていたことを確認。問題のメールは日本語により記載されており、本文にあるURLに対してアクセスを促す内容だった。

同教員は、8月11日に外部から受信したメールの本文にあるURLをクリックしたことがわかっており、フィッシング攻撃など誘導先でメールアドレスやパスワードなどを取得された可能性があると見て詳細を調べている。またログなども解析し、情報流出などが生じていないか確認を進めている。

同委員会では、メールの送信先に対して経緯の説明と謝罪を行った。9月4日の時点で被害の報告などは寄せられていないという。

(Security NEXT - 2023/09/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

一部Window端末が正常に起動できず - CrowdStrikeが不具合認める
システムの仕様を知らずメール誤送信が発生 - 東京都福祉保健財団
市教委で特別支援教育就学奨励費対象児童の一部名簿を紛失 - 湖西市
Cisco、セキュリティアドバイザリ9件を公開 - 「Blast-RADIUS」の影響も
書類が車両走行中に散乱、一部未回収 - 明治国際医療大
職員がサポート詐欺被害、被害端末内に個人情報 - 吉田町
メールシステムで設定ミス、当初ベンダーも原因特定できず - 上智大
「Cisco SSM」に深刻な脆弱性 - 攻撃者によりパスワード変更可能
ドメインやホスティングが停止すると不安煽るフィッシングに警戒を
「JSAC2025」は2025年1月に都内で開催 - CFPを開始