Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

法務省の「申請人プログラム」に脆弱性 - 最新版の利用を

登記事項証明書などの交付請求機能を提供する法務省の「申請人プログラム」に脆弱性が判明した。脆弱性を修正した最新版を利用するよう呼びかけられている。

「同7.06」および以前のバージョンに「XML外部実体参照(XXE)」の脆弱性「CVE-2023-32639」が明らかとなったもの。不正なデータが含む「XMLファイル」を読み込むと、システム内部にある任意のファイルを読み取られるおそれがある。

NECの外山拓氏、榊龍太郎氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。同センターでは、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアを「2.5」と評価している。

7月24日に同脆弱性を修正した「同7.07」がリリースされており、最新版へアップデートするよう呼びかけられている。

(Security NEXT - 2023/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

書留やゆうパックの預かり票が所在不明 - 神戸の郵便局
集英社の漫画サイトで別人によるログインが発生 - コイン代金を返金
「Ghostscript」の脆弱性に注意 - 3月と5月の更新で修正済み
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
Go言語ベースのウェブフレームワーク「Fiber」に深刻な脆弱性
小学校で児童の写真含むデジカメとメディアが所在不明に - さいたま市
フォーム権限の設定ミス、イベント参加者情報が閲覧可能に - 自動車技術会
サイバー攻撃で情報流出の可能性、サーバは復旧済み - フジ日本精糖子会社
先週注目された記事(2024年6月30日〜2024年7月6日)
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響