Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

グループ従業員のアカウント情報が流出 - アルプスアルパイン

アルプスアルパインは、同社グループで利用するサーバがサイバー攻撃を受け、同社およびグループ会社の従業員に関するアカウント情報が流出したことを明らかにした。事業への影響などは出ていないという。

同社によれば、7月6日にサイバー攻撃を受けたことを検知したもの。外部から内部ネットワークへ侵入され、グループ会社において十数台にわたるサーバで管理されていた社内システムのアクセスに用いるID、パスワード、氏名、メールアドレスなどのデータを窃取された。

対象となるのは、同社の国内外、現地法人も含めたすべてのグループ会社の従業員で、約1万6000人分にのぼる。今回のサイバー攻撃において、データを暗号化されるといった被害や金銭の要求などは確認されていない。

また調査中の段階にあるものの、攻撃を受けたサーバの内部には顧客に関連する情報は保存されておらず、顧客情報の外部流出なども確認されていないとしている。

同社では、攻撃を受けた一部サーバについては対策を講じて復旧する一方、のこるサーバについては、ネットワークより隔離して対応を進め、原因や攻撃経路など詳細について調べている。また今回のサイバー攻撃にともなう事業継続への影響も出ていないという。

(Security NEXT - 2023/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市