Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、月例パッチで同社署名ある悪意あるドライバに対処

マイクロソフトの「Windowsハードウェア開発者プログラム(MWHDP)」において、一部悪意あるドライバが同社より署名を取得していたことがわかった。7月の月例セキュリティ更新で対策を講じたという。

同社によれば、攻撃者が脆弱性などを悪用してシステムの管理者権限を取得後、問題の不正なドライバをインストールしようとしていたことが判明した。問題のドライバについては、2023年2月9日にSophosから報告があり、その後Cisco SystemsやTrend Microなどからも情報提供を受け、調査を進めてきたという。

調査の結果、「Microsoftパートナーセンター(MPC)」の複数開発者アカウントより悪意のあるドライバが送信され、署名を取得していることがわかった。

署名済みドライバが悪用されたケースは今回がはじめてではない。2022年10月にも複数のセキュリティベンダーより同社へ報告が寄せられ、2022年12月の月例セキュリティ更新で対策を講じていた。

マイクロソフトでは、関連する開発者のアカウントを停止。今回の問題は一部アカウントの悪用に起因するものであり、システムに対するセキュリティ上の侵害行為については否定している。

現地時間7月11日に公開した月例セキュリティ更新において、関連する証明書を無効化。「Microsoft Defender」において、報告を受けている悪意のあるドライバの検出機能を追加した。あわせて、セキュリティベンダーなどが参加する「Microsoft Active Protections Program(MAPP)」を通じて対応を進めている。

(Security NEXT - 2023/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市