Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「FortiOS」に深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ

Fortinet製機器のファームウェアである「FortiOS」に深刻なものを含め、複数の脆弱性が明らかになった。アップデートが呼びかけられている。

「FortiOS」や「FortiProxy」にスタックベースのバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2023-33308」が明らかとなったもの。同社が現地時間7月11日にアドバイザリを公開した。

SSLディープパケットインスペクションとプロキシモードを併用している場合に影響があり、認証なしにリモートよりコードやコマンドの実行が可能になるという。

同社は、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」において同脆弱性のベーススコアを「9.8」と評価。脆弱性の重要度を5段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングしている。

同脆弱性については、以前より提供している「FortiOS 7.2.4」「同7.0.11」や「FortiProxy 7.2.3」「同7.0.10」にて修正済みとし、これらバージョン以降へ更新するよう求めた。なお、「FortiOS 6.4.x」「同6.2.x」「同6.0.x」および「FortiProxy 2.x」「同1.x」については、同脆弱性の影響を受けない。

(Security NEXT - 2023/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

試写会の応募申込フォームに不備 - 神戸の商業施設
給与支払報告書を紛失、税額決定通知書の未着から判明 - 練馬区
委託業者が個人情報含むメールを別人に送信 - 東急MD
「フィッシングサイト撲滅チャレンジカップ」を開催 - JC3
設定ミスでイベント申込者の個人情報が閲覧可能に - 東京都
「Apache HugeGraph」の深刻な脆弱性を狙うアクセスが増加
「Java SE」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
海外法人がランサム被害、出荷に影響はなし - アルプスアルパイン
Ivantiがアドバイザリを公開 - エンドポイント管理製品などに脆弱性
「Apache Airflow」に脆弱性 - アップデートが公開