Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MOVEit Transfer」に脆弱性 - 定例サービスパックで修正

Progress Softwareのファイル転送ソリューション「MOVEit Transfer」にあらたな脆弱性3件が明らかとなった。「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性も含まれる。

同社は、現地時間7月5日に複数の脆弱性を修正するアップデートを公開した。2カ月に1度、定期的に提供するサービスパックとしてリリースしたもので、3件の脆弱性に対処したという。同社では5月以降、複数回にわたり深刻な脆弱性へ対処しているが、異なる脆弱性としている。

「CVE-2023-36934」は、ウェブアプリケーションに明らかとなった「SQLインジェクション」の脆弱性。リモートより認証なしにデータベースを改ざんされたり、情報を窃取されるおそれがある。同社は重要度を「クリティカル(Critical)」とレーティングした。

悪用に一定の権限が必要とされる「SQLインジェクション」の脆弱性「CVE-2023-36932」や、サービス拒否に陥るおそれがある「CVE-2023-36933」などもあわせて明らかとなった。いずれも重要度は「高(High)」としている。

同社は、「同2023.0.4(15.0.4)」「同2022.1.8(14.1.8)」「同2022.0.7(14.0.7)」「同2021.1.7(13.1.7)」「同2021.0.9(13.0.9)」「同2020.1.11(12.1.11)」にてこれら脆弱性に対応。利用者にアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2023/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱性判明した「ConnectWise ScreenConnect」、約1万8000件が稼働
テスト用アカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 出水市
「Microsoft Edge」にアップデート - MS独自含む脆弱性11件を解消
再々委託先の従業員が業務情報を不正ダウンロード - ダイキン
クラウドサービスに不正アクセス、データが削除される - PCIソリューションズ
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
高校で生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 岐阜県
サポート詐欺被害、PCを遠隔操作される - 足立東部病院
「Firefox 123」が公開 - 12件の脆弱性を修正
「ConnectWise ScreenConnect」に深刻な脆弱性 - ランサム攻撃にも悪用