Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託終了の人材確保支援サイトにサイバー攻撃 - 沖縄総合事務局

内閣府沖縄総合事務局の関連サイトがサイバー攻撃を受けたことがわかった。個人情報が流出した可能性もあるとして詳しく調べている。

過去に同局よりりゅうせきフロントラインが業務を受託していた「地域中小企業・小規模事業者の人材確保支援等事業(ハイサイプロジェクト)」のウェブサイトがサイバー攻撃を受けたもの。6月上旬に沖縄総合事務局へ報告があったという。

同サイトは再委託先が運用しており、セミナーの案内や参加申し込みなどに利用。サーバ内には、セミナー参加申し込みのため登録された668人分の氏名、住所、所属組織の部署名、電話番号、メールアドレスなどが保存されていた。

同局指示のもと、りゅうせきフロントラインではウェブサイトを閉鎖し、サーバより個人情報を削除。具体的な被害などは確認されていないが、情報が流出した可能性も含めて、外部協力のもと攻撃の影響、原因などについて調査を進めている。

内閣府によれば、2022年度の委託事業であり、すでに終了しているため今回攻撃を受けたサイトの再開予定はないとしている。

2023年度の「地域中小企業・小規模事業者の人材確保支援等事業」については別の事業者が受託しており、あらたなサイトについては旧ドメインとは異なるドメインで構築し、運用する予定。

(Security NEXT - 2023/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DC内仮想マシンがランサム被害、サーバ落とすも攻撃者が起動 - KADOKAWA
脆弱性悪用リストに「Windows」や「Google Pixel」など3件追加 - 米当局
インフラ監視ソフト「Pandora FMS」にアップデート - 複数脆弱性を修正
先週注目された記事(2024年6月9日〜2024年6月15日)
高校の体験入学申込用フォームで設定ミス - 静岡県
ランサム被害、SIMカード搭載PCが攻撃起点か - ほくやく・竹山HD
イベント参加申込者への案内メールで誤送信 - 長居公園指定管理事業者
小学校で児童の名簿を綴ったファイルが所在不明 - 春日井市
通販サイトの会員情報含むHDDを第三者が入手 - バンナムグループ会社
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - アップデートをリリース