Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数サーバがランサム被害、影響など調査中 - エーザイ

製薬大手のエーザイは、ランサムウェアによりデータを暗号化される被害に遭ったことを明らかにした。

同社によれば、6月3日深夜に同社グループが使用する複数のサーバがランサムウェアに感染し、データを暗号化される被害が発生していることを確認したもの。

同社では、同サーバから物流に関連するシステムをはじめ国内外の一部社内システムを遮断した。

警察など関係機関へ相談するとともに、外部協力のもと原因や情報流出の可能性も含めた影響の範囲について調べている。被害が確認されたサーバの具体的な台数や脅迫内容などについてはコメントを避けた。

復旧に向けて対応を進めているが、具体的な時期についても明らかにしていない。製品の製造、供給など事業継続への影響についても調査中としている。ウェブサイトやメールシステムについては平常どおり稼働しているという。

(Security NEXT - 2023/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報漏洩などの報告処理、前年比約1.7倍に - 指導や助言も大幅増
メールアカウントが乗っ取り被害、大量のスパム配信 - 三重県文化振興事業団
講演会の申込フォームの設定ミス、個人情報が閲覧可能に - お茶の水女子大
「Rancher」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
政府、大規模SNS事業者に「偽広告」への対応強化を要請
個人情報含む文書保存箱を避難通路に放置、住民から指摘 - 足立区
「MS Edge」にセキュリティアップデート - 独自含む脆弱性6件を修正
東芝テックや沖電気の複合機、脆弱性43件が明らかに
SonicWall製機器の「VPN」などにDoS脆弱性 - アップデートで修正
セキュリティアドバイザリのレーティングを引き上げ - Zoom