Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

雲仙普賢岳の防災システムで情報流出、闇ネット上に - 国交省

国土交通省は、雲仙普賢岳を観測し、変異などがあった場合に自治体などの関係者へメールで通知する「溶岩ドーム情報配信システム」の登録者情報が外部に流出したことを明らかにした。

同省によれば、九州地方整備局長崎河川国道事務所が管理する同システムから防災情報の発信先となる登録者情報が外部に流出し、ダークネット上に掲載されていることが判明したもの。

同省九州地方整備局や自治体の職員、関連事業者の従業員などの登録情報96人分で、氏名や法人といった登録名、電話番号、メールアドレス、ログインID、平文のパスワードなどが含まれる。システムに関する機密情報などは含まれていない。

同省に関する7件のCSVファイルがダークネット上に掲載されているのではないかとの情報提供が内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)より寄せられ、5月27日22時ごろ問題が発覚した。

翌28日に事態を公表した段階では、同省においてダークネットにおける具体的な公開状況を把握できていなかったことから、第三者への流出といった二次被害は確認されていないと説明していたが、その後ダークネット上で個人情報が公開されていることを把握したとしている。

(Security NEXT - 2023/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市