Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報がネット上で閲覧可能に - エネックス

プロパンガスや電気の販売を手がけるエネックスは、一部顧客情報がインターネット上で閲覧できる状態となっており、流出した可能性があることを明らかにした。

同社によれば、顧客1人が同社へ送付した画像データが、インターネット上から閲覧できる状態となっていたもの。氏名、住所、年齢、契約中の電力会社、電力プランなどが含まれる。

5月21日に外部から指摘があり判明した。同社が運営するサイトに導入しているシステムの使用方法に問題があったという。データの閲覧には特殊が操作が必要だとしている。

同社では、問題のページを非公開にした。対象となる顧客に、経緯の説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2023/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む書類を複数の関係機関へ誤送付 - 茨城県
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
1月のDDoS攻撃件数、前月比29%増 - IIJレポート
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
なかほら牧場の通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正