Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WordPress」が再度セキュリティ更新 - 前回から4日で

コンテンツマネジメントシステム(CMS)である「WordPress」の開発チームは、セキュリティアップデート「WordPress 6.2.2」をリリースした。前回より日が浅く、注意が必要。

開発チームでは、現地時間5月16日より「同6.2.1」の提供を開始し、脆弱性やバグを修正したが、現地時間5月20日に「同6.2.2」をリリースした。同日あわせて「同6.1.3」「同6.0.5」「同5.9.7」を公開している。

今回のアップデートでは、「同6.2.1」により生じたバグの再発へ対処。また「同6.2.1」においてユーザー生成データ内のショートコードを解析するテーマについてブロックする措置を講じたが、さらなる対策の強化を行なった。

自動バックグラウンド更新に対応したサイトでは自動的にアップデートされる。手動で更新する場合は、ダッシュボードより操作するか、ウェブサイトより最新版を入手するよう求めている。

(Security NEXT - 2023/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

生徒の個人情報含む医療費支払請求書類が所在不明 - 東京都
美容室向け通販サイトに不正アクセス、個人情報流出の可能性
無許可の患者情報持ち出し、サポート詐欺被害から発覚 - 近大病院
悪用脆弱性リストに医療データ連携ソフト関連など2件が登録 - 今月5度目の追加
クラウド環境などでログ収集に活用される「Fluent Bit」に脆弱性
個人情報含む添付書類を紛失 - 瑞浪市消防本部
関係者の個人情報含むファイルをメールに誤添付 - 日本学術振興会
戸籍謄抄本等交付申請書を紛失、保存箱に誤った廃棄時期ラベル - 神戸市
ルータやブラウザなど悪用済み脆弱性3件に注意喚起 - 米当局
ペットフード通販サイトの顧客情報が窃取被害 - 一部データの消去も