Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

里親と里子の個人情報含むファイルを誤送信 - 愛知県

愛知県は、愛知県尾張福祉相談センターにおいて、里親と里子の個人情報含むファイルを誤ってメールで送信するミスがあったことを明らかにした。

同県によれば、5月1日に里子養育費の請求金額を入力した請求書のPDFファイルを里親5人に送付したところ、誤ってほかの里親の個人情報含む表計算ファイルを送付したという。同日、受信した里親から指摘があり問題が判明した。

誤送付したファイルには、里親63人分の氏名、住所、電話番号、口座情報のほか、里子84人分の氏名、生年月日、年齢、学年、委託開始年月日、委託里親種別などが含まれる。

同センターでは、同日中に誤送付先に連絡し、メールと添付ファイルを削除するよう依頼した。また、情報が流出した里親、里子、里子の親権者に謝罪を行っている。

今後は送信時に複数人で添付ファイルのチェックを行うほか、ファイルにパスワードを設定するなど再発防止策を講じるとしている。

(Security NEXT - 2023/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サポート詐欺被害、PCを遠隔操作される - 足立東部病院
「Firefox 123」が公開 - 12件の脆弱性を修正
「ConnectWise ScreenConnect」に深刻な脆弱性 - ランサム攻撃にも悪用
メール送信時の人為ミスで関係者のアドレス流出 - 日本財団学生ボランティアセンター
ワークフロー管理の「Apache DolphinScheduler」に脆弱性
SonicWall「SMA 100シリーズ」の多要素認証機能に脆弱性
一部SonicWall製ファイアウォールの「SSL VPN機能」に脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
Atlassian、「Confluence」など複数製品にセキュリティアップデート
GitLabが2月2度目のアップデート、脆弱性やバグに対応
ランサムリークサイト、年間約4000件の投稿 - 身代金支払うも約2割で反古