Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムウェア「LockBit 3.0」の詳細情報を公開、注意を喚起 - 米政府

米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁や米連邦捜査局(FBI)、米MS-ISACは、共同でランサムウェア「LockBit 3.0」に関するアドバイザリをリリースした。

同マルウェアは、「LockBit」や「同2.0」の後継で「Ransomware-as-a-Service(RaaS)」により展開されており、データの暗号化にくわえ、データを窃取し、多重脅迫を行うことでも知られるランサムウェア。

アフィリエイトによりさまざまな攻撃者が関与し、攻撃手法も幅広く、あらゆる企業や重要インフラ組織などがターゲットとなっている。

こうした状況を受け、CISAでは3月時点で判明している同マルウェアの「IoC(Indicators of Compromise)」情報をはじめ、攻撃の手口や技術的な手法などを取りまとめ、公開するとともに、あらためて注意喚起を行った。

初期アクセスとしては、「リモートデスクトッププロトコル(RDP)」をはじめ、フィッシング、ドライブバイダウンロード攻撃、有効なアカウントの悪用、公開アプリに対する攻撃などを展開する。

(Security NEXT - 2023/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市