Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Microsoft Edge 111.0.1661.41」がリリース - 脆弱性21件を修正

マイクロソフトは、同社ブラウザの最新版となる「Microsoft Edge 111.0.1661.41」をリリースした。

「Chromium 111.0.5563.65」がリリースされたことを受け、同バージョンをベースとするアップデートをリリースしたもの。

解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性の「CVE-2023-1213」や、型の取り違え「CVE-2023-1214」などあわせて21件の脆弱性に対処。これらを含む重要度「高(High)」の脆弱性8件や、「中(Medium)」とされる8件、「低(Low)」とされる5件を解消している。

「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は含まれていない。いずれも「Chromium」による修正を反映したもので、独自に修正された脆弱性はなかった。

今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2023-1213
CVE-2023-1214
CVE-2023-1215
CVE-2023-1216
CVE-2023-1217
CVE-2023-1218
CVE-2023-1219
CVE-2023-1220
CVE-2023-1221
CVE-2023-1222
CVE-2023-1223
CVE-2023-1224
CVE-2023-1228
CVE-2023-1229
CVE-2023-1230
CVE-2023-1231
CVE-2023-1232
CVE-2023-1233
CVE-2023-1234
CVE-2023-1235
CVE-2023-1236

(Security NEXT - 2023/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

交付金申請様式に個人情報、19施設に誤送付 - 北谷町
3月のMS月例パッチ、産業制御システムへの影響に注意を
MLOpsプラットフォーム「MLflow」に深刻な脆弱性
マンション関係者向け会員サービスでアクセス設定不備 - 住友不動産
顧客情報含む伝票1箱を紛失、誤廃棄の可能性 - 佐賀銀
厚労省かたり「財産の差押え」などと脅すSMSに警戒を
コスメ通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
保安手続の電子申請システムで事業者情報を誤表示 - 改修不備で
「Spring Framework」に複数の脆弱性 - 重要度「Critical」も
入札情報公開時に誤って個人情報を公開 - 新潟県