Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ClamAV」の脆弱性、RSAの認証サーバやSynology製NASにも影響

オープンソースのマルウェア対策ソフトウェアである「ClamAV」に深刻な脆弱性が見つかった問題で、同製品が実装された製品へと影響が広がっている。

RSA Securityでは、認証システム「RSA SecurID Access」において利用する「RSA Authentication Manager」や「RSA Identity Router(IDR)」に「ClamAV」のパッケージが含まれることを明らかにした。

これら製品は「SuSE Enterprise Linux Server」上で動作しており、「RSA Identity Router(IDR)」については、定期スキャンの実行のほか、構成によっては常駐プログラムが稼働している。また「RSA Authentication Manager」はデフォルトで有効化されていないが、設定を変更した場合は「CVE-2023-20032」の影響を受ける。

同社ではコンポーネントが利用可能となり次第、アップデートするよう求めた。また脆弱性を修正するまで、定義ファイルの更新やスキャンの実行を停止するなど緩和策を講じるよう呼びかけている。

またSynologyでは、同社NAS製品で動作するOS「Synology DiskStation Manager(DSM)」にて提供されているアプリ「Synology Mail Server」「Synology MailPlus Server」「Antivirus Essential」が脆弱性「CVE-2023-20032」「CVE-2023-20052」の影響を受けると説明。

特に「Synology Mail Server」「Synology MailPlus Server」については、重要度を「クリティカル(Critical)」とレーティングした。「Antivirus Essential」についても「重要(Important)」としており、アップデートを用意するとともに利用者へ注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2023/02/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

案内メールに顧客リストを誤添付して送信 - 写真販売サービス会社
高校教諭がサポート詐欺被害、私用PC内に個人情報 - 広島県
Arubaのアクセス制御製品に複数脆弱性 - アップデートで修正
「WordPress」向けメンバー管理プラグインにSQLi脆弱性
生活保護受給者関連の書類が強風で飛散して紛失 - 墨田区
先週の注目記事(2024年2月25日〜2024年3月2日)
eモータースポーツ大会の複数SNS公式アカウントが乗っ取り被害
「WP eCommerce plugin」に深刻な脆弱性 - パッチは未提供
「Microsoft Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性3件を修正
「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意