Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日経の記事クリッピングサービス、サイバー攻撃被害の範囲を修正

新聞記事のクリッピングサービス「日経スマートクリップ」がサイバー攻撃を受けた問題で、調査を進めていた日本経済新聞社は影響の範囲を訂正した。

同社子会社である日経メディアマーケティングが契約するホスティングサーバにおいてサービスの提供を受けている企業の利用者情報が外部へ流出した可能性があることが2022年12月14日に判明したもの。同月23日に事態を公表するとともに外部協力のもと調査を進めていた。

当初の発表では対象者を266人としていたが、949人に訂正。過去の利用者も含まれる。メールアドレスのほか、一部利用者については氏名やIDなどが被害に遭った可能性がある。

同社では攻撃を受けたサーバに対する外部からのアクセスを遮断。顧客企業には代替サービスを提供している。

(Security NEXT - 2023/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「GitHub Enterprise Server」に10件の脆弱性 - アップデートで修正
「Apache Tomcat」にアップデート - 「同8.5.x」は3月31日にサポート終了
「ClamAV」にアップデート - 脆弱性2件を解消
トヨタの社用車管理サービスに不正アクセス - 原因は古いアクセスキー
鹿児島農産品の通販サイトで個人情報流出の可能性 - クレカや認証情報も
主要上場企業のDMARC導入が加速 - 本格運用はドメイン全体の5%未満
組合員情報含むUSBメモリを紛失、データは暗号化 - 建設連合国保組合
2023年4Qにおけるtelnetの探索、12月下旬は10月初旬の3倍に
Palo Altoの「PAN-OS」に5件の脆弱性 - アップデートにて修正
「Ghostscript」旧版に「クリティカル」とされる脆弱性