Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開

Internet Systems Consortium(ISC)が提供する「BIND 9」に複数の脆弱性が明らかとなった。アップデートが提供されており、関連機関は利用者にアップデートを呼びかけている。

リゾルバが再帰リクエストを必要とする多くのクエリを受け取るとアサーションエラーが生じ、予期せず終了するおそれがある「CVE-2022-3924」が判明したもの。

さらに期限切れのキャッシュデータを参照するよう設定している場合に「RRSIGクエリ」の処理においてクラッシュするおそれがある「CVE-2022-3736」や、「Dynamic Update」を有効化している場合にメモリが枯渇するおそれがある脆弱性「CVE-2022-3094」が存在する。

脆弱性の原因となっている機能は、いずれもデフォルトで無効となっているが、有効化している場合に影響があり、リモートより悪用されるおそれがある。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「7.5」、ISCでは重要度を「高(High)」とレーティングしている。悪用の報告はないという。

(Security NEXT - 2023/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
小学校サイト掲載の学級通信に要配慮個人情報 - 豊田市
「Security Days Spring」、3月に東名阪で順次開催
顧客向け案内メールを「CC」送信 - トヨタツーリスト
県立高校で生徒の個人情報含む出席簿を紛失 - 埼玉県
個人情報含む労働力調査関係書類を紛失 - 群馬県
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
税関の入国者申告データが消失 - アプリ改修作業のエラー対応ミスで
公立保育園のUSBメモリ、車上荒らしで盗難 - 福井市
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開