Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「情報セキュリティ10大脅威 2023」 - 組織は「ランサム」が引き続き首位

情報処理推進機構(IPA)は、「情報セキュリティ10大脅威 2023」を発表した。社会的に影響が大きいセキュリティ上の脅威について、「組織」「個人」の観点からランキングにまとめている。

セキュリティに関する研究者や実務者で構成される選考会の投票により、前年のセキュリティ関連における脅威を順位付けしたもの。2006年以降、毎年発表している。

2022年の組織における「10大脅威」は、若干の変動が見られたものの、前年とほぼ同じ脅威がランクインした。トップは引き続き「ランサムウェアによる被害」で、「サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃」「標的型攻撃による機密情報の窃取」が続いている。

前回圏外だった「犯罪のビジネス化(アンダーグラウンドサービス)」が10位となる一方、前回9位だった「予期せぬIT基盤の障害に伴う業務停止」が圏外となった。

個人における「10大脅威」を見ると、前年に引き続き「フィッシングによる個人情報などの詐取」が首位。以下、前年とほぼ同様となるが、「ワンクリック請求などの不当請求による金銭被害」が圏外より10位へと順位を上げている。

(Security NEXT - 2023/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

講演会応募者に対する通知メールで送信ミス - 所沢商工会議所
全学生の個人情報を海外協定校へ誤送信 - 上智大
中学校で答案用紙などを紛失、成績には影響なし - 一宮市
地理空間データ共有OSS「GeoServer」にRCE脆弱性 - アップデートの実施を
子会社にサイバー攻撃、製品供給に影響なし - J-MAX
認定個人情報保護団体向けメールで誤送信、メアド流出 - 個情委
サイバー攻撃によるシステム障害が発生 - ニシオHD
「Apache HTTPD」のアップデートで旧脆弱性が再発 - 再度更新を
「Apache HTTPD」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開