Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WordPress向けショッピングカートプラグインに脆弱性 - 任意のファイルを閲覧されるおそれ

コルネが提供する「WordPress」向けプラグイン「Welcart e-Commerce」に脆弱性が明らかとなった。

同製品は、コンテンツマネジメントシステム(CMS)である「WordPress」にショッピングカート機能を追加できるプラグイン。のべ30万回以上ダウンロードされており、2万5000件以上のサイトで活用されているという。

「同2.6.0」以降に「ディレクトリトラバーサル」の脆弱性「CVE-2022-4140」が明らかとなったもの。リモートよりサーバ上にある任意のファイルを閲覧されるおそれがある。JPCERTコーディネーションセンターでは、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」においてベーススコアを「7.5」と評価している。

同脆弱性に関しては、鈴木武氏、三井物産セキュアディレクションの池田雅人氏より情報処理推進機構(IPA)へ報告があり、JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

同社では、脆弱性を修正した「同2.8.6」をリリース。アップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2023/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Microsoft Edge」にアップデート - 「Chromium」の脆弱性修正を反映
小学校で保護者や教職員の口座番号含むUSBメモリを紛失 - 東村山市
従業員メルアカに不正アクセス、スパム踏み台に - 組込機器メーカー
Windows環境下の複数開発言語に脆弱性「BatBadBut」が判明
「PHP」に複数の脆弱性 - セキュリティアップデートで修正
AIシステムの安全な実装運用に向けたガイダンスを公開 - 米政府ら
検索用目録と誤って個人情報含むファイルを誤公開 - 新潟県
印刷に利用した患者情報含む私物USBメモリが所在不明に - 愛知県
「GitLab」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を解消
メールサーバがフィッシングメールの踏み台に - 広済堂HD子会社