Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

非常災害時用端末を用いて他社顧客情報を閲覧 - 九州電力

九州電力は、九州電力送配電が管理する他小売電気事業者(新電力)の顧客情報を不正に閲覧していたことを明らかにした。

非常災害時の供給支障事故対応のため、九州電力送配電より貸与されている託送コールセンターシステム端末を利用し、他小売電気事業者の顧客情報を利用していたことが判明したもの。

具体的には、他社からの契約切替時における契約状況の確認、契約開始時における住所の特定、地図情報の確認などに利用。顧客を獲得する営業活動への使用は現時点で確認されていないとしている。

2022年12月27日付けで電力・ガス取引監視等委員会から依頼があり、調査を行ったところ問題が判明した。1月18日に同委員会や個人情報保護委員会より報告徴収を受領しており、引き続き詳細を調査し、適切に対応していくとしている。

(Security NEXT - 2023/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Django」にDoS攻撃受けるおそれ - アップデートで対処
行政オンラインシステムで個人情報含む書類を誤交付 - 大阪市消防局
サポート詐欺への対応不備で長野県教委に行政指導 - 個情委
県立高教諭が「偽警告」被害、第三者が業務用端末を遠隔操作 - 長野県
サポート詐欺でPC遠隔操作、個人情報流出の可能性 - 堺市体育館
入学予定者の個人情報、発送するも委託先に届かず - 東京外国語大
JSSEC、3月に「セキュリティフォーラム2024」開催 - 「生成AI」などテーマに
ヘアケアツール通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
ライブラリ「libuv」にSSRFの脆弱性 - アップデートで解消
国際作戦で「LockBit」の一部関係者を逮捕 - 復号鍵など押収