Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

健保組合向け管理システムでダウンロード権限の設定ミス

健康保険組合向けに人間ドック受診管理システムを提供しているイーウェルは、健保加入事業者へダウンロード権限を付与するミスがあったことを公表した。

対象となる健保組合へ加入する1社の担当者1人に対し、同組合の全加入者に関する情報を一括でダウンロードできる権限を誤って付与したという。

2019年9月から2022年11月にかけて同組合に加入していた全加入者の個人情報6万1013件がダウンロードされた。氏名、性別、生年月日、年齢、続柄、保険証記号、保険証番号、従業員番号が含まれる。人間ドック申込者については、住所や健診内容も対象となるが、検診結果は含まれない。

イーウェルでは、権限を見直しを実施。一括ダウンロードされたデータより、無関係な情報が削除されたことを確認した。また他取引先のシステムにおいて同様の誤りがないか調査を行っている。

(Security NEXT - 2023/01/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む手帳や職員の証票を紛失 - 都児童相談所
家禽飼養施設のFAXリストを誤送信 - 静岡県
ファンクラブ入会者情報が流出、フォーム設定ミスで - 鹿島アントラーズ
個人情報含む資料を誤廃棄、運搬中に落下して散乱 - 群馬県
短大生が職員チャットを無断閲覧、揶揄する内容も - 茨城県
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート
Fortinet、「FortiOS」のアップデートを追加
JR西日本の会員サービスを装うフィッシング攻撃に注意