Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマホアプリ「+メッセージ」にURL偽装が可能となる脆弱性

携帯電話キャリア各社が提供するスマートフォン向けアプリ「+メッセージ」にフィッシング詐欺などへ悪用されるおそれがある脆弱性が判明した。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクより提供されている同アプリにおいて、Unicode制御文字の取り扱いに脆弱性「CVE-2022-43543」が明らかとなったもの。

同脆弱性を悪用すると、悪意あるURLを正規サイトのURLと誤認させるよう偽装することが可能で、フィッシング詐欺などに悪用されるおそれがある。

同脆弱性は、角田朱生氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。同センターでは、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」においてベーススコアを「4.3」と評価している。

脆弱性の判明を受けて、各社はセキュリティアップデートを用意。細工されたURLをクリックした際にダイアログを表示し、警告する機能を追加した。

(Security NEXT - 2022/12/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサムウェア「ALPHV」、医療分野中心に被害拡大
米司法省、ランサム「ALPHV」関連の複数サイトを押収 - 復号ツールも
「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
GMO、Flatt Securityを傘下に - 株式66.6%を取得
個人情報含む書類を複数の関係機関へ誤送付 - 茨城県
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
1月のDDoS攻撃件数、前月比29%増 - IIJレポート
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要