Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島大付属福山中高

広島大学付属福山中・高等学校は、生徒の個人情報が保存されたUSBメモリを教員が紛失したことを明らかにした。

同校によれば、問題のUSBメモリには、2022年度の1年生から6年生までの970人に関する氏名、クラス、出席番号のほか、学友会本部役員14人の氏名、HR委員16人の氏名、41人分の自転車通学確認表が保存されていた。

12月13日に学校が所有するUSBメモリを校内で紛失したとの報告が教員からあった。校内を搜索しているが見つかっていない。

また、重要な情報については同校が提供するクラウドストレージを利用するなど管理の徹底を図り、再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2022/12/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

病状など患者情報含むUSBメモリを紛失 - 兵庫県立がんセンター
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチで修正
脆弱性スキャナ「Nessus」にセキュリティアップデート
サイバー攻撃で一部メール消失、詳細を調査 - 日本臓器移植ネットワーク
「サイバーセキュリティ月間」がスタート - 日米豪印による連携も
「VMware vRealize Log Insight」の深刻な脆弱性、PoCが公開
アプリの4.5%に「緊急」とされる脆弱性 - Synopsys調査
再委託先でメール誤送信、CCに無関係のメアド - 東京都
同意得てない個人情報を別団体へ誤提供 - 奈良県市町村職員共済組合
小学校で個人情報含む郵便物の不着騒ぎ、開封形跡なし - 新潟県