Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Avast」「AVG」に権限昇格が可能となる脆弱性 - 最新版の利用を

Gen Digital(旧NortonLifeLock)が「Avast」「AVG」ブランドにて提供しているマルウェア対策ソフトに脆弱性が明らかとなった。アップデートにて修正されている。

マルウェアの除去機能に権限昇格が可能となる「CVE-2022-4173」が明らかとなったもの。攻撃者がファイルシステムへ書き込み権限を持つ場合に、脆弱性を悪用することでより高い権限を取得することが可能だという。

Gen Digitalでは、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」においてベーススコアを「7.3」、重要度を「高(High)」とレーティングしている。一方、米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」ではCVSS基本値を「8.8」、重要度を「高(High)」とした。

同社では、「同22.10」にて同脆弱性を修正しており、アップデートを行い、つねに最新の状態で利用するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者情報含むUSBメモリが所在不明 - 岩手医科大病院
共通テスト追試申請書をFAX誤送信 - 静岡大
メールの誤送信で職員を戒告処分 - 嘉手納町
契約者情報の不正持ち出し、約2.9万件と判明 - JSB
メタバース活用におけるセキュリティを考えるオンラインイベント - JSSECら
「ESXiArgs」対策で製品の更新やOpenSLPの無効化を呼びかけ - VMware
メール誤送信でキャンペーン参加事業者のメアド流出 - 三重県
し尿収集業者が収集申込者の個人情報を紛失 - 広島市
2月3日ごろより「VMware ESXi」のランサム被害急増- 国内でも発生か
市立保育所で児童の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 赤穂市