Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

府立高校で1クラスの出席簿を紛失 - 大阪府

大阪府立高校において、1年生1クラス分の出席簿が所在不明となっている。

同府によれば、10月18日に同校教員が出席簿を職員室の自席の机に置いたまま帰宅したところ、翌19日に出席簿がないことに気づいた。出席簿には、生徒41人分の氏名、出席番号、4月1日以降の出席状況が記載されている。

出席簿を所定の保管場所に戻さず、自席の机上に置いたままだったため、他書類と混在して紛失した可能性がある。複数の教員で捜索したが見つからなかった。

11月18日から21日にかけて、教員が電話で対象となる生徒の保護者に経緯を説明するとともに謝罪。同月22日には全校生徒に対して説明と謝罪を行い、保護者宛ての謝罪文を配布した。

(Security NEXT - 2022/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米政府、ランサムウェア「ESXiArgs」の復旧ツール - 十分理解して使用を
クレカ会社装うフィッシングサイトの割合が激減 - 5%ほどに
受験生の個人情報を試験場で紛失した可能性 - 日大
PDF生成ライブラリ「dompdf」に深刻な脆弱性 - 2度にわたり更新
フィッシングURLが大幅減 - 10カ月ぶりに1万件下回る
厚労省、医療機関向けにセキュリティ対策のオンラインセミナー
「OpenSSL」にセキュリティアップデート - 脆弱性9件を解消
ランサムウェア「Cl0p」のLinux亜種が見つかる - 復号ツールが公開
患者情報含むUSBメモリが所在不明 - 岩手医科大病院
共通テスト追試申請書をFAX誤送信 - 静岡大