Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Go向けSAMLライブラリに深刻な脆弱性 - アップデートが公開

Go言語(golang)向けに提供されているSAMLライブラリに深刻な脆弱性が明らかとなった。

パッケージ「crewjam/saml」に脆弱性「CVE-2022-41912」が明らかとなったもの。複数のアサーションエレメントを含むSAML応答を処理する際、認証のバイパスが可能になるという。

CVE番号を割り当てたGitHubでは、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「9.1」、重要度を「クリティカル(Critical)」とレーティングしている。

同脆弱性は「同0.4.9」にて修正。アップデートが呼びかけられている。同ライブラリを実装しているソフトウェアも影響を受けるおそれがあり、注意が必要となる。

(Security NEXT - 2022/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

6月のフィッシング、URL件数が過去最多を更新
障害はWindows端末の1%未満、重要サービスでの利用多く影響拡大
「OpenVPN」に「OVPNX脆弱性」 - 3月の更新で修正済み
CrowdStrikeによる障害、約850万台に影響 - あらたな復旧方法も準備中
「CrowdStrike」装う「フィッシング」や「偽修復ツール」に警戒を
先週注目された記事(2024年7月14日〜2024年7月20日)
あらたな脅威へ対応する設定ファイルが原因に - CrowdStrike障害
Windows端末の障害問題に便乗するサイバー攻撃が発生中
CrowdStrike、Windows環境での不具合で声明 - 復旧方法も紹介
一部Window端末が正常に起動できず - CrowdStrikeが不具合認める