Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Go向けSAMLライブラリに深刻な脆弱性 - アップデートが公開

Go言語(golang)向けに提供されているSAMLライブラリに深刻な脆弱性が明らかとなった。

パッケージ「crewjam/saml」に脆弱性「CVE-2022-41912」が明らかとなったもの。複数のアサーションエレメントを含むSAML応答を処理する際、認証のバイパスが可能になるという。

CVE番号を割り当てたGitHubでは、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「9.1」、重要度を「クリティカル(Critical)」とレーティングしている。

同脆弱性は「同0.4.9」にて修正。アップデートが呼びかけられている。同ライブラリを実装しているソフトウェアも影響を受けるおそれがあり、注意が必要となる。

(Security NEXT - 2022/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ビックカメラ」を装うフィッシング攻撃に注意を
2月3日ごろより「VMware ESXi」のランサム被害急増- 国内でも発生か
QNAP製品のファームウェアに深刻な脆弱性 - 対象は限定的
「Cisco ISE」の脆弱性、順次パッチ提供 - リリース後は悪用コードが利用可能に
点訳ボランティア宛の案内メールで誤送信 - 堺市の指定管理者
広告業務の委託先で電子媒体を紛失 - 国交省
「配達できない」などとうそ - ヤマト運輸のフィッシングに注意
偽通販サイトの相談倍増 - 「大幅な値引き」に警戒を
2022年4Qのセキュ相談 - 「偽警告」「不正ログイン」関連が増加
狙われる顧客管理ツール「SugarCRM」の脆弱性 - 米政府も注意喚起