Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教員がメール転送ミス、約10カ月にわたり無関係のアドレスへ - 埼大

埼玉大学は、同大教員のメールアカウントにおいて設定ミスがあり、受信メールが第三者へ流出していたことを明らかにした。

同大によれば、2021年5月6日に教員が大学のメールアカウントより、「Gmail」のメールアドレスへ自動転送を設定したが、転送先メールアドレスのドメインについてスペルを誤り、まったく関係ない第三者のメールアドレスへ転送していたもの。2022年3月3日に問題へ気が付き、転送設定を停止した。

転送されたメールは4890件にのぼり、メールや添付ファイルには、教職員485件、学生849件、学外関係者788件の個人情報が含まれる。同大では対象となる学生や関係者に対し説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2022/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュア開発が学べる無料オンラインコンテンツ - Linux Foundation
府立高校で1クラスの出席簿を紛失 - 大阪府
PC遠隔操作で顧客情報流出の可能性 - スズキディーラー
フィッシングURL、ピークの9月から2カ月で半減 - 「偽Amazon」が急増
スポーツ施設の工事委託先にサイバー攻撃 - 東京都
「Apache Camel」にLDAPインジェクションの脆弱性
「MS Edge」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を解消
フォーラムソフト「NodeBB」にアカウント乗っ取りが可能となる脆弱性
政府、アクセス制御製品の研究開発情報を募集
教委職員が個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 大阪市