Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

eポートフォリオ「Mahara」に深刻な脆弱性 - アップデートの適用を

eポートフォリオの作成が行えるソフトウェア「Mahara」に深刻な脆弱性が明らかとなった。

特定の条件下で埋め込み画像にアクセスが可能となるアクセス制御不備の脆弱性「CVE-2022-42707」が明らかとなったもの。リモートより悪用が可能で情報漏洩が生じるおそれがある。

またUbuntuの環境下において「ghostscript」で「-dSAFER」フラグが設定されていない場合、PDFのエクスポート機能においてリモートよりコードの実行が可能となる脆弱性「CVE-2022-44544」が判明した。

開発チームでは「CVE-2022-42707」の重要度を「クリティカル(Critical)」とレーティング。「CVE-2022-44544」については特に重要度を示していない。

米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」では、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」において「CVE-2022-44544」のベーススコアを「9.8」、重要度を「クリティカル(Critical)」と評価。「CVE-2022-42707」については、CVSS基本値を「7.5」、重要度を「高(High)」としている。

開発チームでは、これら脆弱性を修正した「同22.10.0」「同22.04.3」「同21.10.5」「同21.04.7」をリリース。できるだけ早くアップデートを実施するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
「Atlassian Bitbucket」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース
「LibTIFF」に脆弱性、悪用コードが公開済み - パッチの適用を
「Apache MINA SSHD」に脆弱性 - アップデートがリリース
「Movable Type」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
ビデオ会議「Zoom」のクライアントやインストーラに脆弱性
「Trend Micro Apex One」に複数脆弱性 - 修正パッチが公開
「Spring Security」に複数の脆弱性 - アップデートにて修正