Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC製HAクラスタリングソフトに深刻な脆弱性 - パッチの適用を

NECのHAクラスタリングソフト「CLUSTERPRO X(EXPRESSCLUSTER X)」「CLUSTERPRO X SingleServerSafe(EXPRESSCLUSTER X SingleServerSafe)」のWindows版に複数の脆弱性が明らかとなった。

ファイルの上書きが可能となるパストラバーサルの脆弱性「CVE-2022-34822」やスタックベースのバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2022-34823」が明らかとなったもの。悪用されると、リモートより任意のコードを実行されるおそれがある。

さらにインストール先をデフォルトより変更している場合に、不適切なデフォルトパーミッションが設定される「CVE-2022-34824」、検索パスに関する脆弱性「CVE-2022-34825」なども判明した。

米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」では、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」において、これら脆弱性のベーススコアをいずれも「9.8」と評価。重要度を「クリティカル(Critical)」とレーティングしている。

同社では、「同5.0」「同4.3」「同3.3」向けにパッチを用意しており、パッチを適用するか、信頼できるクライアントのみ接続を許可する回避策を講じるよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 国交省
約29万人に振込不能メールを誤送信、アクセスが集中 - 北國銀
「Feature Toggle」のJava実装「FF4j」に深刻な脆弱性
「Apache Fineract」にパストラバーサルの脆弱性
利用客の個人情報を第三者にメール誤送信 - 長良川鉄道
採用応募書類など含むUSBメモリが所在不明に - 国立天文台
21店舗で顧客情報の紛失や誤廃棄が判明 - 福岡ひびき信金
「Chrome」にゼロデイ脆弱性 - 前回ゼロデイ対応から1週間強で
「制御システムセキュリティカンファレンス」の参加者募集がスタート
Ubuntuに権限昇格の脆弱性 - 詳細情報も公開