Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先従業員が住民に私的メッセージを送信 - 大阪市

大阪市は、委託先事業者の従業員が、業務で知り得た個人情報を不正に利用し、住民に対して私的なメッセージを送信していたことを明らかにした。

同市によれば、水道メーターの取り換えを行う事業者が業務で知り得た氏名1件を不正に利用し、LINE経由で個人的なメッセージを送信したもの。9月23日に住民より同市水道局にメールで通報があり、問題が発覚した。

委託事業者が従業員に確認したところ、以前水道メーターの取り換え作業を行った住民の氏名をSNSサービスの「LINE」上で見つけ、個人的なメッセージを送信していたことがわかった。

同従業員は行為を認めており、問題があることはわかりつつも、安易な気持ちで送ってしまったとし、申し訳ないことをしたと話しているという。

今回の問題を受けて同市では、対象となる住民にメールで数度にわたり謝罪のメールを送信したが、11月7日の時点で連絡は取れていない。同市は事態を公表するとともに、個人情報の保護を徹底するよう業務委託先に指導を行っている。

(Security NEXT - 2022/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

深層学習プラットフォーム「PaddlePaddle」に深刻な脆弱性
セキュア開発が学べる無料オンラインコンテンツ - Linux Foundation
府立高校で1クラスの出席簿を紛失 - 大阪府
PC遠隔操作で顧客情報流出の可能性 - スズキディーラー
フィッシングURL、ピークの9月から2カ月で半減 - 「偽Amazon」が急増
スポーツ施設の工事委託先にサイバー攻撃 - 東京都
「Apache Camel」にLDAPインジェクションの脆弱性
「MS Edge」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を解消
フォーラムソフト「NodeBB」にアカウント乗っ取りが可能となる脆弱性
政府、アクセス制御製品の研究開発情報を募集