Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小学校で児童の個人情報含む書類が所在不明、判明は4月 - 横須賀市

神奈川県横須賀市は、市立小学校において、児童の個人情報が記載された書類が所在不明になっていることを明らかにした。

同市によれば、1クラス30人分の家庭状況書が所在不明となっているもの。児童と保護者の氏名、住所、電話番号、緊急連絡先、家族構成、既往症、自宅近くの地図などが記載されている。

4月18日13時半ごろ、教諭が職員室において家庭状況書を使用した後、所定の場所に保管したが、同教諭が2時間後に保管場所から取り出そうとしたところ、見当たらないことに気づいた。複数の職員で校内を捜索したが、発見できなかったという。

5月12日、対象となる児童の保護者に説明と謝罪を行ったとしている。

(Security NEXT - 2022/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

利用客の個人情報を第三者にメール誤送信 - 長良川鉄道
採用応募書類など含むUSBメモリが所在不明に - 国立天文台
職業訓練生が教室に置き去られた名簿をスマホ撮影 - 群馬県
公開資料の個人情報、墨塗りするもはずせる状態 - 琉球大
共同利用対象外の個人情報をグループDBに誤送信 - JFRカード
中学校教諭が車上荒らし被害、個人情報が盗難 - 習志野市
修学旅行のテーマパーク内で県立高の生徒情報を紛失 - 埼玉県
庁内資料を持ち出して店舗で誤廃棄、職員を処分 - 川崎市
LEDライト通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
支店で本人確認書類が所在不明に - 北海道労金