Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

取引先従業員の個人情報含むUSBメモリを紛失 - プライムツリー赤池

不動産管理や店舗開発を行うセブン&アイ・クリエイトリンクは、同社が運営するショッピングモールのプライムツリー赤池において、取引先の従業員の個人情報が保存されたUSBメモリが所在不明となっていることを明らかにした。

同社によれば、9月24日に同社従業員がセキュリティカードの作成業務を行う際、データ移行用のUSBメモリが保管場所にないことに気づいた。

問題のUSBメモリには、2019年以降にプライムツリー赤池で従業員登録をしたテナント従業員のほか、警備、清掃、設備保守、インフォメーション、会計業務、販促業務などを委託していた協力会社の従業員最大3274人の氏名、ユーザーID、所属番号、資格情報、ID番号などが保存されていた。

USBメモリは本来ならば、作業完了時に使用した個人情報を消去すべきところ、消去せずデータが蓄積されたため、大量の個人情報が保存された状態だったという。

同社では、在籍中である1654人の従業員に対し、店舗責任者を通じて報告と謝罪を行った。すでに退職した従業員は連絡先を把握しておらず、ウェブサイトにて事態を公表した。

(Security NEXT - 2022/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料
ファイル転送サービス「Kozutumi」を提供開始 - ハートビーツ
組織の決裁なしに公文書施行、職員を懲戒免職 - 群馬県
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
セキュ人材採用、日本は実務経験を重視 - キャリアパス提供は他国の半数以下
政府委託事業の旧ドメインを第三者が取得 - 偽サイトで外部誘導
「Atlassian Bitbucket」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース
約2割が外部メディアの紛失や盗難を経験 - 台帳管理の未実施も