Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサム被害、侵入経路はVPN機器の脆弱性 - 日本盛

同社では攻撃の起点となったVPNの利用を停止。再発防止にあたり、「EDR」「MDR」といったセキュリティソリューションを導入するなど対策を講じたという。

今回のサイバー攻撃により受発注システムに影響が出ていたが、現在は再開している。通信販売についても商品の発送を見合わせていたが、発送を順次再開する予定。新規購入への対応についても、再開を目指してシステムの再構築など対応を進めている。

(Security NEXT - 2022/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

狙われる顧客管理ツール「SugarCRM」の脆弱性 - 米政府も注意喚起
通販サイトは要警戒、偽管理画面に誘導するフィッシング - 顧客も標的に
TOKYO FM通販サイトで顧客情報流出の可能性 - 顧客に偽メール
欧米当局、ランサム「Hive」を解体 - 捜査官が攻撃インフラに侵入
多数システムでランサム被害、復旧や事業継続に追われる - ならコープ
サイバー攻撃やセキュリティ対策の体験施設 - 日本情報通信
通販サイトでクレカ情報流出、リニューアル前に判明 - 化粧品会社
富士通のネット回線サービスで不正通信 - クラウドやMSSなどにも影響
宅食サービス会社がランサム被害 - 顧客情報流出の可能性も
特別な「アノニマス対策」は不要、普段から基本的な対策を