Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサム被害、侵入経路はVPN機器の脆弱性 - 日本盛

同社では攻撃の起点となったVPNの利用を停止。再発防止にあたり、「EDR」「MDR」といったセキュリティソリューションを導入するなど対策を講じたという。

今回のサイバー攻撃により受発注システムに影響が出ていたが、現在は再開している。通信販売についても商品の発送を見合わせていたが、発送を順次再開する予定。新規購入への対応についても、再開を目指してシステムの再構築など対応を進めている。

(Security NEXT - 2022/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ヘアケアツール通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
鹿児島農産品の通販サイトで個人情報流出の可能性 - クレカや認証情報も
求職情報サイトが侵害、CMSプラグインの脆弱性突かれる - 日刊工業新聞
健康食品通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
メルマガ登録者情報が流出、犯行声明メールも - 大阪の楽団
メール機器に脆弱性、約7カ月半にわたり侵害 - 教職員支援機構
「Ivanti Connect Secure」のゼロデイ脆弱性、侵害状況の確認を
外部から見える脆弱性や闇ウェブ情報など監視するサービス
複数サイトに攻撃、DBのテーブル名を取得された痕跡 - 紀伊國屋書店
千葉県青少年自然の家に不正アクセス - 2021年の脆弱性が未修正