Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

自転車防犯登録カード535件が未登録、一部が所在不明 - シナネンHD子会社

シナネンホールディングスのグループ会社で自転車販売を手がけるシナネンサイクルは、ダイシャリン江田駅前店において手続きした防犯登録カードの一部が所在不明になっていることを明らかにした。

同社によれば、6月16日に神奈川県自転車防犯協会から、同店舗で手続きをした防犯登録カードが未着であるとの連絡があり、調査を行ったところ、未登録となっている防犯登録カードが535件あることが判明した。

そのうち298件は未投函のまま店舗に残っており同協会へ提出したが、のこる237件については所在がわからないという。

対象となるのは、2020年5月16日から2022年4月6日にかけて同店舗で手続きを行った際の防犯登録カードで、顧客の氏名、住所、電話番号のほか、自転車車体番号、防犯登録番号、自転車情報などが記載されている。

同社は、今回の問題について店舗の手続き後、すみやかに防犯協会に提出しておらず、管理体制に不備があったとしている。同社では、登録作業を実施するとともに、個人情報が流出した可能性もあるとして引き続き調査を継続する。

(Security NEXT - 2022/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

eポートフォリオ「Mahara」に深刻な脆弱性 - アップデートの適用を
ビデオ会議「Zoom」のクライアントやインストーラに脆弱性
メール誤送信、移住相談関係者のメアド流出 - 南砺市
脆弱性診断の利用者向けに「サイトシール」を提供 - GMO
書類を誤送付、宛名シールのミスに気づかず - 広島銀
コスメ通販サイトに不正アクセス - 旧システムで被害
「Trend Micro Apex One」に複数脆弱性 - 修正パッチが公開
就学援助申請書類が小学校の回議で所在不明に - 名古屋市
心理検査結果を個人PCに送信、誤って31市町にも - 静岡県
経産省、工場向けのセキュリティガイドラインを策定