Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

自転車防犯登録カード535件が未登録、一部が所在不明 - シナネンHD子会社

シナネンホールディングスのグループ会社で自転車販売を手がけるシナネンサイクルは、ダイシャリン江田駅前店において手続きした防犯登録カードの一部が所在不明になっていることを明らかにした。

同社によれば、6月16日に神奈川県自転車防犯協会から、同店舗で手続きをした防犯登録カードが未着であるとの連絡があり、調査を行ったところ、未登録となっている防犯登録カードが535件あることが判明した。

そのうち298件は未投函のまま店舗に残っており同協会へ提出したが、のこる237件については所在がわからないという。

対象となるのは、2020年5月16日から2022年4月6日にかけて同店舗で手続きを行った際の防犯登録カードで、顧客の氏名、住所、電話番号のほか、自転車車体番号、防犯登録番号、自転車情報などが記載されている。

同社は、今回の問題について店舗の手続き後、すみやかに防犯協会に提出しておらず、管理体制に不備があったとしている。同社では、登録作業を実施するとともに、個人情報が流出した可能性もあるとして引き続き調査を継続する。

(Security NEXT - 2022/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Apache CloudStack」でSAML認証をバイパスされるおそれ
省庁や独法などの攻撃対象領域保護を実施 - NISC
冊子発送先の個人情報を郵便局へ誤送付 - CCNC
2Qの脆弱性届け出は112件 - 前四半期から半減
高校生向けセミナーの申込フォームで設定ミス - 岩手県立大
6月のフィッシング、URL件数が過去最多を更新
障害はWindows端末の1%未満、重要サービスでの利用多く影響拡大
「OpenVPN」に「OVPNX脆弱性」 - 3月の更新で修正済み
CrowdStrikeによる障害、約850万台に影響 - あらたな復旧方法も準備中
「CrowdStrike」装う「フィッシング」や「偽修復ツール」に警戒を