Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報記載の書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 島田掛川信金

島田掛川信用金庫は、顧客情報が記載された書類を収納した保存箱6箱が所在不明となっていることを明らかにした。

同金庫によれば、島田本店営業部において保存文書の確認作業を行ったところ、6月21日に顧客情報含む書類を収納した保存箱6箱の紛失が判明したもの。

収納されていた書類は、貸金庫開庫依頼書や郵便発信管理簿、積立定期財産形成預金預入依頼書など11種類であわせて7475件。顧客の氏名や住所、電話番号、生年月日、口座番号、印影、職業、預入額、出金金額、受取人名などが記載されている。

同金庫では6月14日に廃棄書類を溶解処分した際、誤って一緒に廃棄した可能性が高いと説明。不正利用などは確認されていないとしている。

また今回の問題を受け、職員の意識向上を図るほか、文書保存の全店調査、管理責任者の設置、容量の見直しなど行い、再発防止を図るとしている。

(Security NEXT - 2022/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシングURLが前月比約84%増 - 使い捨てURLを悪用
【特別企画】経営戦略に資するセキュリティを学ぶ「情報システムCAMP2024」が4月18日開催
工場スマート化のリスクや対策を解説したガイドライン別冊資料
セキュリティ学ぶ学生、同分野への就職希望は約7割 - JNSA調査
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 複数製品の脆弱性を修正
「日本シーサート協議会」が正式名称に - 法人名と通称を統一
「Rust」によるWindowsバッチ処理に脆弱性 - アップデートが公開
Juniper Networks、セキュリティアドバイザリ36件を公開 - 「クリティカル」も
「PAN-OS」に関する脆弱性7件を修正 - Palo Alto Networks
メール記載のリンク先を誤設定、個人情報が流出 - 岐阜県