Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

尼崎市USBメモリ紛失、関係者は再々委託先 - BIPROGY「あくまで責任は弊社」

尼崎市の住民に関する個人情報が保存されたUSBメモリが一時所在不明となった問題で、同市より業務を受託していたBIPROGYは、紛失した関係者が同社の再々委託先だったことを明らかにした。

同社では、受託していた業務の一部をアイフロントに再委託しており、発表当初、USBメモリを紛失した関係者を協力会社の従業員と説明。さらに6月24日の記者会見で再委託先がアイフロントであると明かしていた。

しかしその後事実確認をしたところ、USBメモリを紛失した関係者が、アイフロントの委託先従業員であることが判明。6月26日に発表内容を訂正した。

個人の特定に至るおそれがあるとして具体的な組織名は明かしておらず、BIPROGYでは「あくまでも今回のUSBメモリ紛失の責任は弊社にある」として、あらためて謝罪した。引き続き、関係者への事実確認を継続していくという。

(Security NEXT - 2022/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Apache Tomcat」に脆弱性 - 過去の修正が不完全で
LINE公式アカウントで非公開のクーポンが表示される不具合
Zyxel製機器の脆弱性、積極的な悪用も - あらたな脆弱性も判明
WP向け人気プラグイン「Jetpack」に深刻な脆弱性 - 早急に更新を
チャリティランナー宛のメールで誤送信 - 国際協力NGO
読者の提供情報を記者が家族に漏洩 - 神奈川新聞
「エムアイカード」装うフィッシングの報告が増加
住民票などの文書を別事業所へ誤送付 - 全国土木建築国保
利用規約の案内メールで送信ミス、メアド流出 - 秩父市
「OpenSSL」にアップデート - 複数の脆弱性を解消