Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、月例セキュリティ更新で脆弱性63件に対応 - ゼロデイ脆弱性も修正

マイクロソフトは、9月の月例セキュリティ更新プログラムを公開し、CVEベースであわせて63件の脆弱性に対処した。一部脆弱性はすでに悪用が確認されている。

各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」にあわせ、月例セキュリティ更新プログラムをリリースしたもの。

今回のアップデートでは、「Windows」「Office」をはじめ、「Microsoft Dynamics」「Azure」「Windows Defender」「Windows ALPC」「Windows Codecs Library」「.NET」「Visual Studio」などに明らかとなった脆弱性へ対応した。

63件の脆弱性における最大重要度を見ると、4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は5件。のこる58件については次に高い「重要(Important)」とレーティングされている。

「クリティカル」とされる脆弱性を具体的に見ると、「Windows TCP/IP」における脆弱性「CVE-2022-34718」や「Windowsインターネットキー交換(IKE)プロトコル拡張機能」の脆弱性「CVE-2022-34721」「CVE-2022-34722」のほか、「Microsoft Dynamics CRM」の脆弱性「CVE-2022-34700」「CVE-2022-35805」に対処している。

(Security NEXT - 2022/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 106」をリリース - セキュリティ関連で20件の修正
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性
Forcepoint DLPにXXE脆弱性 - 複数製品に影響
開発言語「Go」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
「Apache Calcite」の一部演算子処理に深刻な脆弱性
Sophos製ファイアウォールに深刻な脆弱性 - すでにゼロデイ攻撃も
DNSサーバ「BIND」に6件の脆弱性 - アップデートがリリース
Windows端末の管理ツールにゼロデイ脆弱性 - 定例外アップデートが公開
Mozilla、「Firefox 105」をリリース - 複数脆弱性を修正