Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

専門学生対象のセキュリティコンテスト - 課題はサイトの脆弱性調査

三井物産セキュアディレクションとビーアライブは、専門学校と高等専門学校生を対象としたセキュリティコンテスト「MBSD Cybersecurity Challenges 2022」を開催する。

同コンテストは、実践的で現実味のある課題を用意した学生向けのセキュリティコンテスト。2016年より開催しており、毎年約30校が参加しており、これまでのべ162校、472チーム、1600人超の学生が参加した。

参加を通じてセキュリティ業務の一端を疑似体験できる内容となっており、第7回となる今回のテーマは「脆弱性を調査し、完璧なサイトを目指せ!」。

具体的には、公開前のウェブサイトに存在する脆弱性を調査し、攻撃により想定される被害、再現方法、対策方法などを取りまとめ報告書として提出する。

応募締め切りは11月8日。11月18日に一次審査の結果が発表され、12月15日に最終審査会を開催する予定。最終審査会には10チームが出場し、上位3チームの表彰を行う。詳細や応募はコンテスト紹介ページから。

(Security NEXT - 2022/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

AWSのセキュリティ設定を網羅的に診断するサービス - NTT-AT
労働力調査の対象世帯リストを一時紛失 - 奈良県
顧客情報記載した書類の紛失や誤廃棄が判明 - めぶきカード
統計調査員が調査名簿を一時紛失 - 京田辺市
PHPテンプレートエンジン「Twig」に脆弱性 - 「Drupal」にも影響
「Exchange Server」にゼロデイ攻撃 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
問合フォームより入力された顧客情報が閲覧可能に - 休暇のプランニングサービス
電子マネー「BitCash」の利用者狙うフィッシング - 「残高凍結」と不安煽る
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い