Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NVIDIAのDPDKに脆弱性 - 複数のCisco製品にも影響

NVIDIAが提供するデータプレーンの開発キットに脆弱性が明らかとなった。同製品を実装する複数のCisco Systems製品などへ影響が広がっている。

「NVIDIA Data Plane Development Kit(MLNX_DPDK)」のネットワークスタックにおいて、サービス拒否を引き起こすおそれがある脆弱性「CVE-2022-28199」が明らかとなったもの。

同社では、同脆弱性の共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」におけるベーススコアを「6.5」とし、セキュリティアップデートとなる「mlnx_dpdk_20.11_5.0.0」を8月29日にリリースした。

同プログラムを実装する製品にも影響が広がっている。Cisco Systemsは、「Cisco Catalyst 8000V Edge Software」「Adaptive Security Virtual Appliance」「Secure Firewall Threat Defense Virtual」の3製品が同脆弱性の影響を受けることを明らかにした。

Ciscoは脆弱性の重要度を「高(High)」、CVSSv3.1基本値を「8.6」と評価。NVIDIAよりもスコアが高くなっている点に注意が必要となる。

(Security NEXT - 2022/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Cisco、セキュリティアドバイザリ9件を公開 - 「Blast-RADIUS」の影響も
「Cisco SSM」に深刻な脆弱性 - 攻撃者によりパスワード変更可能
「Magento」「VMware vCenter」など脆弱性3件の悪用を確認 - 米当局が注意喚起
「Apache HTTPD」が今月3度目のセキュリティアップデート
SonicWallのVPN関連で複数の脆弱性 - アップデートが公開
「Apache HugeGraph」の深刻な脆弱性を狙うアクセスが増加
「Java SE」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
Ivantiがアドバイザリを公開 - エンドポイント管理製品などに脆弱性
「Apache Airflow」に脆弱性 - アップデートが公開
Cisco製メールセキュリティ製品に添付ファイルで攻撃できる深刻な脆弱性