Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

福島廃炉マッチングサポートの登録企業宛メールで誤送信

福島イノベーション・コースト構想推進機構は、福島廃炉マッチングサポート事務局に登録した企業に送信したメールにおいて送信ミスがあり、メールアドレスが流出したことを明らかにした。

同機構によれば、8月24日17時から25日13時にかけて、登録企業6社に対して、専用メールシステムにより送信した複数のメールにおいて誤送信が発生したもの。

送信先を誤って宛先に設定したため、受信者間でメールアドレスが閲覧できる状態となった。

同機構では対象となる企業に対し謝罪。誤送信したメールの削除を依頼したとしている。

(Security NEXT - 2022/09/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アクセ通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 再開時は旧顧客リストを使用せず
Zohoのアクセス管理製品にあらたな脆弱性 - 6月判明の脆弱性はすでに攻撃対象
メール送信時に講演会申込者のメアドが流出 - 佐伯市
労働力調査の対象世帯リストを一時紛失 - 奈良県
「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施
AWSのセキュリティ設定を網羅的に診断するサービス - NTT-AT
顧客情報記載した書類の紛失や誤廃棄が判明 - めぶきカード
統計調査員が調査名簿を一時紛失 - 京田辺市
PHPテンプレートエンジン「Twig」に脆弱性 - 「Drupal」にも影響
「Exchange Server」にゼロデイ攻撃 - アップデートは準備中、緩和策の実施を