Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

3年半分のフィッシングサイトURLを公開 - JPCERT/CC

JPCERTコーディネーションセンターは、同センターで確認したフィッシングサイトのURLデータをGitHubにて公開した。

2019年1月から2022年6月にかけて報告が寄せられ、同センターにてフィッシング目的のコンテンツが確認できたURLの情報を取りまとめ、公表したもの。

月ごとにCSVファイルを用意しており、確認日時、フィッシングサイトのURL、悪用されたブランドを収録した。

データ内にある悪用被害を受けたブランドは確認当時のもので、フィッシングサイトの停止にあたり同センターが調整を実施しているが、現時点における稼働状況などは未確認のため、データの取り扱いには注意が必要。

フィッシングに悪用されるURL件数は年々増加の一途を辿っている。今回公開されたデータを見ても、2019年1月は315件だったのに対し、2022年6月は1カ月だけで7023件と20倍以上に拡大している。

(Security NEXT - 2022/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

問合フォームより入力された顧客情報が閲覧可能に - 休暇のプランニングサービス
電子マネー「BitCash」の利用者狙うフィッシング - 「残高凍結」と不安煽る
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
特定条件で他利用者の個人情報が閲覧可能に - トレカ通販サイト
教諭が試験問題を生徒に漏洩 - 金沢市の私立中
OLAP対応データストアの「Apache Pinot」に脆弱性
IPA、ビジネスメール詐欺対策の特設ページを開設 - 啓発チラシなども用意
診療情報を記録したデジカメを紛失 - さいたま市民医療センター
サイバー攻撃で社内システムに障害、影響や原因など調査 - システム開発会社