Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

組込機器向けLinux「DD-WRT」に深刻な脆弱性

ネットワーク機器のファームウェアとして動作する組込機器向けLinuxディストリビューション「DD-WRT」に深刻な脆弱性が明らかとなった。

細工したHTTPリクエストによりウェブサーバにおいてメモリ破壊を引き起こすことが可能となる脆弱性「CVE-2022-27631」が明らかとなったもの。「リビジョン32270」から「リビジョン48599」までが影響を受ける。

脆弱性が与える影響の評価については、脆弱性を発見、報告してCVE番号を採番したCisco SystemsのTalosチームと、米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」で評価が異なっている。

Talosチームでは、完全性にのみやや影響があるとして共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のベーススコアを「5.3」としているが、「NVD」では機密性や完全性、可用性に大きな影響を与えるとして「9.8」と評価している。

重要度についてもTalosチームが4段階において上から3番目にあたる「中(Medium)」とする一方、NVDではもっとも高い「クリティカル(Critical)」と評価している。

(Security NEXT - 2022/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報記載した書類の紛失や誤廃棄が判明 - めぶきカード
統計調査員が調査名簿を一時紛失 - 京田辺市
PHPテンプレートエンジン「Twig」に脆弱性 - 「Drupal」にも影響
「Exchange Server」にゼロデイ攻撃 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
問合フォームより入力された顧客情報が閲覧可能に - 休暇のプランニングサービス
電子マネー「BitCash」の利用者狙うフィッシング - 「残高凍結」と不安煽る
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
特定条件で他利用者の個人情報が閲覧可能に - トレカ通販サイト
教諭が試験問題を生徒に漏洩 - 金沢市の私立中