Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Traffic Server」に複数脆弱性 - キャッシュ汚染やスマグリングのおそれ

キャッシュプロクシサーバ「Apache Traffic Server(ATS)」に複数の脆弱性が明らかとなった。アップデートが提供されている。

キャッシュ汚染やHTTPリクエストスマグリングなど複数の脆弱性が明らかとなったもの。「同9.1.x」に「CVE-2021-37150」「CVE-2022-25763」「CVE-2022-28129」「CVE-2022-31780」が判明。「同8.1.x」は、これら4件に「CVE-2022-31778」をくわえた5件の影響を受ける。

米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」における共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは、いずれも「7.5」と評価されている。

開発チームでは、脆弱性を解消した「同9.1.3」「同8.1.5」をリリース。同バージョン以降に更新するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

楽モバの通信障害、ソフトに不具合 - 緊急対応判断に時間要し長期化
「Apache HTTP Server」のゼロデイ脆弱性、国内でも攻撃を観測
わずか3日、「Apache HTTPD」が再修正 - 前回修正は不十分、RCEのおそれも
Citrix、脆弱性問題で無償の侵害調査ツール公開 - FireEyeと共同開発
米政府、中国関与のサイバー攻撃者が悪用する脆弱性のリストを公開 - 国内製品も
メール送信ミスが発生、謝罪メールでも - 中央書店
顧客情報記載の書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 島田掛川信金
新型コロナ配食サービスで伝票重ね貼り、別人の個人情報 - 岡崎市
サイバー攻撃で公式アプリ会員のメアドなど流出 - 食肉小売チェーン
「Exchange Server」ゼロデイ脆弱性、緩和策も刻々変化