Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国税庁を装うスミッシング - 税金の滞納あるとクレカ情報を要求

国税庁を装うスミッシング攻撃が発生しているとしてフィッシング対策協議会が注意を呼びかけている。

「税金の支払い方法に問題がある」「未払い税金お支払いのお願い」などといったショートメッセージ(SMS)を送りつけ、偽サイトに誘導し、クレジットカード情報をだまし取るフィッシング攻撃が発生しているとして注意を呼びかけたもの。

誘導先のウェブサイトには、「差押最終通知」などと記載。所得税にいて自主的に納付されるよう催促してきたが、1万628円が滞納になっているなどと説明。

税法の定めにより不動産や自動車、給料、売掛金といった債権などの差し押さえ処分に着手するなどとだまし、オンライン納付も利用できるなどと説明してクレジットカード情報を入力させようとしていた。

同協議会では、誘導先においてクレジットカード情報や個人情報、電子マネーのコード、画像などをアップロードしないよう呼びかけるとともに、類似した攻撃に注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「WhatsApp」に深刻な脆弱性 - ビデオ通話でコード実行のおそれ
「JPAAWG 5th General Meeting」、11月にハイブリッド開催
ダークウェブで個人情報流出を確認 - ダイナムJHD
金融庁を名乗るフィッシング - 「法令でカードの認証が必要」とだます手口
最新技術が詰まったInteropの「ShowNet」を解説するオンラインイベント
アクセ通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 再開時は旧顧客リストを使用せず
Zohoのアクセス管理製品にあらたな脆弱性 - 6月判明の脆弱性はすでに攻撃対象
メール送信時に講演会申込者のメアドが流出 - 佐伯市
労働力調査の対象世帯リストを一時紛失 - 奈良県
「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施