Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国税庁を装うスミッシング - 税金の滞納あるとクレカ情報を要求

国税庁を装うスミッシング攻撃が発生しているとしてフィッシング対策協議会が注意を呼びかけている。

「税金の支払い方法に問題がある」「未払い税金お支払いのお願い」などといったショートメッセージ(SMS)を送りつけ、偽サイトに誘導し、クレジットカード情報をだまし取るフィッシング攻撃が発生しているとして注意を呼びかけたもの。

誘導先のウェブサイトには、「差押最終通知」などと記載。所得税にいて自主的に納付されるよう催促してきたが、1万628円が滞納になっているなどと説明。

税法の定めにより不動産や自動車、給料、売掛金といった債権などの差し押さえ処分に着手するなどとだまし、オンライン納付も利用できるなどと説明してクレジットカード情報を入力させようとしていた。

同協議会では、誘導先においてクレジットカード情報や個人情報、電子マネーのコード、画像などをアップロードしないよう呼びかけるとともに、類似した攻撃に注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性386件に対応
サイトが改ざん被害、情報流出は否定 - 秋田県立医療療育センター
「WooCommerce」向けフィルタプラグインに脆弱性
食肉通販サイトが不正アクセス被害 - 顧客情報を外部送信
実証実験サービスのサーバに攻撃、一部従業員情報が流出 - リクルート
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
CTFイベント「SECCON 13」、今秋に予選 - 決勝は2025年3月
民生委員が高齢者名簿を紛失、10カ月以上前に - 行田市
先週注目された記事(2024年7月7日〜2024年7月13日)
侵害調査で個人情報の一部流出を確認 - 住友重機械工業