Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる

RAR形式のファイルを解凍するRARLAB製のプログラム「UnRAR」にディレクトリトラバーサルの脆弱性が明らかとなった問題で、同脆弱性の悪用リスクが高まっているとして米政府では行政機関に対応を求めた。

UNIXやLinux向けに提供されている「UnRAR」では、ディレクトリトラバーサルの脆弱性「CVE-2022-30333」が判明し、5月6日に脆弱性を修正した「UnRAR 6.12」がリリースされている。

米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)では、悪用リスクが高まったとして8月9日に同脆弱性を「悪用が確認された脆弱性カタログ(KEV)」へ追加した。同リストは米連邦政府や行政機関に対して拘束力を持ち、2週間以内の対応が求められる。

同脆弱性は、米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」において、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「7.5」と評価されている。なお、「WinRAR」「Android RAR」は同脆弱性の影響を受けない。

(Security NEXT - 2022/08/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PHPテンプレートエンジン「Twig」に脆弱性 - 「Drupal」にも影響
「Exchange Server」にゼロデイ攻撃 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
問合フォームより入力された顧客情報が閲覧可能に - 休暇のプランニングサービス
電子マネー「BitCash」の利用者狙うフィッシング - 「残高凍結」と不安煽る
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
特定条件で他利用者の個人情報が閲覧可能に - トレカ通販サイト
教諭が試験問題を生徒に漏洩 - 金沢市の私立中
OLAP対応データストアの「Apache Pinot」に脆弱性
IPA、ビジネスメール詐欺対策の特設ページを開設 - 啓発チラシなども用意