Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開

「VMware vRealize Operations」「VMware Workstation」にあらたな脆弱性が明らかとなった。脆弱性を修正したアップデートが提供されている。

「VMware vRealize Operations」では、権限の昇格が生じるおそれがある「CVE-2022-31672」など、あわせて4件の脆弱性が判明した。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを見ると、「CVE-2022-31672」がもっとも高い「7.2」と評価されており、同社は重要度を4段階中、上から2番目にあたる「重要(Important)」とレーティングしている。

このほか、情報漏洩の脆弱性「CVE-2022-31673」「CVE-2022-31674」や認証バイパスの脆弱性「CVE-2022-31675」に対処した。

またWindows向けに提供している「VMware Workstation」では、認証情報の保護に問題がある「CVE-2022-22983」が明らかとなった。CVSS基本値を「5.7」とし、重要度は上から3番目となる「中(Moderate)」としている。

同社は、脆弱性を修正した「VMware vRealize Operations 8.6.4」「VMware Workstation 16.2.4」をリリース。利用者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/08/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性
Forcepoint DLPにXXE脆弱性 - 複数製品に影響
開発言語「Go」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
「Apache Calcite」の一部演算子処理に深刻な脆弱性
Sophos製ファイアウォールに深刻な脆弱性 - すでにゼロデイ攻撃も
DNSサーバ「BIND」に6件の脆弱性 - アップデートがリリース
Windows端末の管理ツールにゼロデイ脆弱性 - 定例外アップデートが公開
Mozilla、「Firefox 105」をリリース - 複数脆弱性を修正
「Atlassian Bitbucket」の深刻な脆弱性 - PoC公開で悪用リスク高まる
Zoomオンプレミス版に脆弱性 - 会議を盗聴されるおそれ