Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

漁協直売店で「Emotet」感染 - 通販サイトのメールが流出

厚岸漁業協同組合は、マルウェア「Emotet」の感染により、同店通信販売サイト「エーウロコ」の顧客情報が外部に流出した可能性があることを明らかにした。

同組合によれば、直売店で使用しているパソコン1台がマルウェア「Emotet」に感染し、端末内部に保存されていたメールデータが外部に流出した可能性があることが判明したもの。

流出の可能性があるのは、直売店より通信販売サイトの顧客へ送信したメールや顧客からの問い合わせメール。氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどが含まれる。

6月14日に直売店を装う不審なメールが届いたと顧客から連絡があり、第三者よりなりすましメールが発信されていることを確認した。

通販サイトを一時閉鎖し、6月16日に全端末のマルウェアチェックを実施。感染の疑いがある端末よりログを採取して調査を実施したところ、6月30日にパソコン1台が「Emotet」に感染した可能性があることが判明した。端末はログを採取した6月16日に初期化したという。

同組合では、不審なメールを受信した場合は添付ファイルやURLを開かず、削除するよう呼びかけている。閉鎖していた通販サイトは、8月12日より再開する予定。

(Security NEXT - 2022/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「JAPANSecuritySummit 2022」、10月24日よりオンデマンドで開催
バッファロー29製品に脆弱性、「FREESPOT」機器も - アップデートの実施を
「Apache Tomcat」に情報漏洩の脆弱性 - 4月のアップデートで修正済み
2022年2Qのクレカ番号盗用被害、はじめて100億円を突破
「WhatsApp」に深刻な脆弱性 - ビデオ通話でコード実行のおそれ
「JPAAWG 5th General Meeting」、11月にハイブリッド開催
ダークウェブで個人情報流出を確認 - ダイナムJHD
金融庁を名乗るフィッシング - 「法令でカードの認証が必要」とだます手口
最新技術が詰まったInteropの「ShowNet」を解説するオンラインイベント
アクセ通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 再開時は旧顧客リストを使用せず