Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スモールビジネス向けCisco製ルータに深刻な脆弱性 - 遠隔よりコードを実行されるおそれ

「CVE-2022-20827」は、CVSS基本値が「9.0」とやや下がるものの、重要度は同じく「クリティカル(Critical)」とされるコマンドインジェクションの脆弱性。

ウェブフィルタのデータベース更新機能に明らかとなったもので、root権限でOSコマンドを実行されるおそれがある。

また「PnP」モジュールには、中間者攻撃によりコマンドインジェクションが可能となる「CVE-2022-20841」が存在。CVSS基本値は「8.3」、重要度は1段階低い「高(High)」とレーティングされている。

同社は各シリーズ向けに脆弱性を修正したアップデートを用意。対象となるバージョンの利用者に対してアップデートを呼びかけている。今回脆弱性が明らかとなった製品は以下のとおり。

RV160 VPNルータ
RV160W Wireless-AC VPNルータ
RV260 VPNルータ
RV260P VPNルータwith PoE
RV260W Wireless-AC VPNルータ
RV340 Dual WAN Gigabit VPNルータ
RV340W Dual WAN Gigabit Wireless-AC VPNルータ
RV345 Dual WAN Gigabit VPNルータ
RV345P Dual WAN Gigabit POE VPNルータ

(Security NEXT - 2022/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を
モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処
Google、「Chrome 106」をリリース - セキュリティ関連で20件の修正
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性
Forcepoint DLPにXXE脆弱性 - 複数製品に影響
開発言語「Go」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
「Apache Calcite」の一部演算子処理に深刻な脆弱性
Sophos製ファイアウォールに深刻な脆弱性 - すでにゼロデイ攻撃も
DNSサーバ「BIND」に6件の脆弱性 - アップデートがリリース