Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WDB HDがランサム被害 - メールやファイルサーバで障害

人材サービスやCRO事業などを展開するWDBホールディングスは、同社グループで利用するシステムがランサムウェアによるサイバー攻撃を受け、障害が発生していることを明らかにした。

同社グループで利用するメールシステムやファイルサーバが8月1日よりアクセスできない状態となっているもので、ランサムウェアを用いた第三者のサイバー攻撃に起因する障害であることを確認した。

同社では社内ネットワークを停止し、原因の調査や復旧作業を進めているが、今回のサイバー攻撃による情報流出はないことを確認しているという。

今後は、外部事業者協力のもと、被害範囲や侵入経路の特定など調査を進めていく方針。

(Security NEXT - 2022/08/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

取材情報含むパソコンを紛失、飲酒後に - 時事通信社
休眠預金の一部印鑑票が所在不明に - みなと銀
「EmoCheck v2.4.0」がリリース - 進化した「Emotet」に対応
従業員PCが「Emotet」感染、情報流出の可能性 - 古河電池
PDF生成に用いられるPHPライブラリに深刻な脆弱性
ビデオ会議「Zoom」のクライアントなどに脆弱性 - アップデートで修正
個人情報保護スタンプにインク交換モデル - 新インク搭載
県税関連情報を第三者へ漏洩、電話照会への対応で - 長野県
不正アクセスの認知件数が前年比約45%増 - 検挙者は9.4%増加
公文書の誤廃棄で福祉事務所職員3人を処分 - 三重県