Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ニンテンドーのWi-Fiアダプタに2件の脆弱性 - 利用中止を

任天堂が以前販売していた「ニンテンドーWi-Fiネットワークアダプタ(WAP-001)」に脆弱性が明らかとなった。

OSコマンドの脆弱性「CVE-2022-36381」やバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2022-36293」が明らかとなったもの。

これら脆弱性を悪用するには、管理画面にログインする権限が必要だという。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」におけるベーススコアは「6.8」と評価されている。

いずれも三井物産セキュアディレクションの塚本泰三氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

同製品のサポートはすでに終了しており、任天堂では「ニンテンドーWi-Fi USBコネクタ(NTR-010)」とあわせて同製品の利用を中止するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「MS Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
特権アクセス管理製品「Symantec PAM」に複数脆弱性 - 「クリティカル」も
JupyterLabの機能拡張作成用テンプレートに脆弱性 - リポジトリに影響
イベント申込フォームで設定不備、個人情報が閲覧可能に - 多摩SDC
写真教室参加希望者宛のメールで誤送信 - 宮城県東北歴史博物館
2024年2Qの「JVN iPedia」登録は1463件 - NVDの公開遅延が影響
JPCERT/CCが感謝状 - 脆弱性悪用対応の「重要な模範事例」
WPプラグイン「WooCommerce Social Login」に複数の脆弱性
「Apache CloudStack」でSAML認証をバイパスされるおそれ